読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業家ブログ

駆け出し起業家の奮闘記的ブログ

確定申告

今年は、2月16日〜3月15日の期間で受付が行われている「確定申告」を私は今までやったことがない。

 

その理由は大きくいうと以下の3つだ。

①サラリーマンであり、「年末調整」という作業を会社がやっていてくれていたこと。

②年収が2,000万円を超えてなかったこと。

③その他、確定申告するメリットとなるトピックがなかったこと。

 

①②は、恐らく大半の人があてはまる事由であろう。勿論、サラリーマンであっても給与が2,000万越えの人ならする必要があるが、そういう人はまぁどれだけいるかっていう感じだ。

 

12月31日までサラリーマンであった私は、①②については、昨年末時点でも同様にあてはまる。ただ、今回は③にあてはまるトピックがあるので確定申告をする必要がある。というか申告しないと、メチャメチャ損なのだ。

 

「損」というのはどういうことかといえば、要は、所定の様式に昨年の源泉徴収票等から数値を書き込んで計算をしていくと、あら不思議、税金払い過ぎてたので、払った税金の一部を返してよと税務署に言えるという話である。

その計算も別にテクニックや高度な知識は必要ない。参考書等を見て、所定の申告雛形(インターネットでダウンロードもできます)に手書きしてもよし、国税庁の運営する自動計算システムで案内に沿って数値を入力するだけで簡単に申告書ができちゃうという方法を使ってもよし。実は思ってるよりも簡単にできる。

私も初めてなので、参考書を2冊ほど3〜4時間ほどかけて読み、一旦参考書についてたシートに手書きしたあと、国税庁のシステムで数値入力したら、自分が事前に手書きしていたものと一緒になったって話ですよ、、、。

あとは、2月16日、は混みそうなので、その次の週あたりに、税務署に行って申告書と必要添付資料を提出しにいくということになる。郵送等でも申告は済ませれるが、まぁ初めてなの、雰囲気は味わっておきたいということで税務署に行くことは決めている。もしかしたら2月16日いくかも。。。

 

さて、申告上メリットのあるトピック、つまり税金の還付を受けられる可能性の高いと思われるトピックであるが、一般には主に次のようなものがある。

・大病を患い、医療費がめっちゃかかった。

・給与は低いが、株でめっちゃ儲けた。

・会社辞めてから、就職しようと思ったけど、できなかった。。。

・マイホームを借金して買っちゃいました。

・世界を救うため、とても大きな寄付をした。             etc...

 

今回、私が、上記あるいは別のトピックの何に当てはまったかはあえて本日のブログでは言わないが、少なくとも、「世界を救うため、大きな寄付」は昨年出来ていないw。

 

税金が還付される予定なのが、申告後、1〜2ヶ月と参考書には書いてあった。恐らく還付税金が振り込まれた日は、「わーい」と飲みにでも行きたくなるだろうが、事前に懇意にしている税理士から聞いた話では、「6月頃に「住民税のお知らせ」という赤紙が届くため、それまで勝手に盛り上がるな。。。」ということなので、事前に私が試算したところ、還付された税金が、ほぼそのまま、いやむしろ多少上乗せを要して住民税の支払に消えていく様なので、、、、

日本国民としてしっかり納税の義務を果たそう。。。

 

 

1ヶ月経過・「時間」と「仕事」と「対価」

1ヶ月経過

サラリーマン終了、そして起業して1ヶ月がたった本日2月1日、事務所兼自宅自室でこうして平日午前中からブログを書いているのは改めて思うと不思議だ。

 

この1ヶ月で自分自身の社会的な所属、周りの環境、周りの見る目は大きく明らかに変わったが、正直自分自身は「すっと今の環境にとけ込んだ」というような体感がある。

 

確かに、サラリーマン時代繋がりのあった人にメールを送っても、明らかに無視されてしまうようなこともあったし、やはりサラリーマン時代よりもやや雑に対応されていると感じるようなこともあったが、基本的には想定の範囲内で、1ヶ月でこれくらいだったら上出来な感じもする。

 

ただ、油断はできない。今はサラリーマン時代のある種「貯金」で生きている。これはお金ではなく、「信用」の「貯金」だ。この「貯金」は恐らく時間の経過とともに減る。従って、これからは新たな「貯金」をしなくてはならない。そう、起業家としての「実績」作りである。

 

 

「時間」と「仕事」と「対価」

今日は何曜日?

 

サラリーマン時代は体に染み付いていた曜日の感覚、平日仕事、土日休みという1週間の感覚は、あっという間になくなった。油断すれば、今日は月曜日であり、あっという間に金曜日になる。そんな感覚だ。

 

大半の人は、自分の「時間」を会社の与える「仕事」に費やし、給与という「対価」を得る。私の起業家、とりあえず個人事業主としての第一収入もこの基本構造の中にあることに変わりはない。

ただ、これまでと大きく異なるのは、「時間」の拘束がないこと。平日は朝に9時に出社、17時まで頑張って帰社、「仕事」が残ってれば残業という概念はなくなった。

また、「仕事」も圧倒的に短い期間で、かつ分かりやすく成果に結びつける必要のあるものにかわった。失敗しても、「まあ、次頑張ればいいさ」と同僚や上司が声をかけてくれる環境は当然そこにない。成功も失敗もダイレクトに「対価」に跳ね返ってくる。

 

「安定」

 

日本人大好きのこの言葉からは随分遠くに来てしまったとは思うがw、見返りとして、会社という看板を外しても個の力で得られる収入の喜びや、現実の厳しさ等を、直に肌で感じられること、そして、さらに「次にどうするか」を真剣に考え続けなければならない環境に自分がいることで研ぎ澄まされていく感覚は、まさに、今まで頭ではわかっていても感じたことはない「生存感」、ラフに言えば「あ、俺、生きてる」という自覚に辿り着けたと思う。これは結構心地よい。

 

、、、あ、やばい。1月分の経理処理がまだ終わってない。。。さぁやるぞ!

 

 

「本音」と「建前」

今日は、先日、とある交渉の立会いを行った時の話を少ししたい。ただ、ある程度ぼかすことをご容赦願いたい。

 

【登場人物】

○私(Bさんをサポート)

○Aさん(すごい人)

○Bさん(Aさんの助けが欲しい人)

 

【交渉】

交渉は、BさんからAさんに説明を行い、適宜AさんからBさんに質問が行われるという流れである。

今回の私の役割は、Bさんの説明を適宜サポートすることと、Aさんからの質問に多少の専門用語等が混ざり、Bさんにわかりにくいと感じた時に、「Bさん、今のご質問はこういうことですよ」と翻訳することが主である。

 

Bさんからの説明、Aさんからの質問に対するBさんの対応、冒頭20分位はまずまずの流れだ。

ここでAさんからの質問が数字に連関するものに変わってきた。Bさんも、多少もたつきながらも誠実に回答していく。

ただ、この応答が繰り返されることによって、少しAさんの気が緩んでしまったのか、

Aさんの質問に対し、「いや、本音は○○ということで、、、、」とBさんがこれまでのトーンと異なる感じで返す。

 

ここで場が一気に凍る。。「(私の心の声)しまった、、」

 

私も素早くフォローを入れるが時すでに遅し。

これまでの流れから、Aさんから一気に強めの詰問とそれにタジタジになるBさんという流れに激変。

「まぁ、また今度」という恐らく今度が想定されていない言葉がAさんから投げかけられ交渉が終了。........

 

【振り返り】

今回の交渉は、もともと決して成功といえるハードルが低いものではなかった。ただ、振り返ればチャンスはあった。

ポイントはあの時のBさんの回答するときのトーンの変化と、それを未然に防止できなかった私自身の展開の読みの甘さだ。

実際、AさんはBさんの「本音」を恐らく全てはじめから見抜いている。つまり、「何(what)」を答えるかを求めて質問しているのではなく、「どのように(how)」答えるかを見ながら質問していると思われた。

まさに「本音」と「建前」の話で、今回は相手がこちらの本音を見抜いていると感じていても「建前」を貫くべき場であった。今回、Aさんは、Bさんに恐らくそれを求めていた。「建前」でもその防衛線を崩さない姿勢を。

短い時間でも初対面の相手と距離感が急速に縮まることは確かにある。ただ、プロは、あえて距離感を縮めるよう仕掛けて、一気にカウンターを打ってくる。これは交渉の中でよく使われる手法だ。

 

今回は、勝ち負けをつけるとすれば、Bさんは負け、私も当然負けだ。ただ、Bさんからは私に「申し訳ない」という言葉が投げかけられた。恐らくBさんも、既述の流れを振り返り、自然と自責の念にかられたのだろう。

今後Bさんとどういう関係性になるかはわからないが、もし次の戦いをBさんと共にすることがあれば、この交渉が「糧」にならなければ本当に意味がない。幸いにも戦いを挑むべきチャンスはまだ多く用意されている。

 

これまでも局地戦の積み重ねが、仕事をする自分のコアを作ってくれたと思っている。全勝じゃなくても構わない。ただ、リーグ戦だと、負け越せば大抵はリーグ敗退だ。

 

勝とう!必ず突破しよう!という意思が、いつも、そしてこれからも自分を突き動かす原動力であることは間違いなかろう。

 

 

開業届出してきましたよ、、

「開業届」とは、正確には「個人事業の開廃業等届出書」のことをいい、事業開業から1ヶ月以内に、住所地、居所地、事業所のいずれかのエリアを管轄する税務署に自ら足を運び、はたまた郵送等で提出を行うべきものである。

 

なお、提出しないで収入を得て、ほっといたら、脱税になるので絶対ダメですよ。

 

私は、正月三が日は何もせず、1月4日から緩やかに始動したため、同日を開業日とし、出さねば出さねばと思っていた開業届を漸く1月12日に提出してきた。

 

開業届以外にも「所得税青色申告承認申請書」等、私の事業に必要な計4書類(事業規模等によって異なる)のエクセル書式をネットでダウンロードし、記載例等の情報をネット、手元書籍で確認しながら、1月12日の14時から作成をはじめ、15時30分に完成・プリントアウト、車で約20分の税務署に向かった。

 

「え、たった90分で書けるの?」って思う方も多くいるはずであるが、書式・記載事項は非常にシンプルで、ちゃんとやることが整理できていれば、それまでに個人事業とは何かということを心得ていればw、まぁ書くだけならすぐできてしまうのである。

 

向かった先の税務署には駐車場がなく、コインパークに仕方なく車をとめ(駐車料金は経費です)、そこからダッシュで5分、税務署についた。

 

税務署にはプリントアウトした書類と、実印、身分証明書(免許証)、マイナンバー通知書を持っていき、書類を再度チェック、案の定、複数錯誤が見つかりw、2重線と訂正印で修正(何と屋号を間違えていた・・やる気あるのか??)、幸いそんなに混んでおらず、入り口入って正面が書類受付場所だったので、修正後、税務署のお姉さんに書類等を提出、

 

お姉さん「控え用紙は持ってきていますか?」

私「・・・・(やってもうた)、税務署内にコピー機はありますか?」

お姉さん「ないですね。近くのコンビニまで歩いて5分です」

私「すぐ行ってきます」

 

そう、事前に持っていかねばと意識はあったが、やっぱり忘れてしまっていた。税務署では書類を受理してくれると原本は税務署に当然渡すが、写し(コピー)には、税務署の受付印を押してくれ、こちらに渡してくれるのだ。この税務署受付印をもらった「控え」は今後、対外的に例えばお金を借りるだの何だのするときに絶対いる資料で、この「控え」を貰うか貰わないかは任意ではあるが、貰わない人がいたら逆にどんな場合か教えて欲しい位、まぁ当然貰うべきものである。

 

コンビニで訂正印を押した書類をコピーし(コピー代は経費です)、税務署にダッシュで戻り、引き続き空いていた受付で書類を渡し、マイナンバーだけ改めて確認されすぐ終了。

正直「あれっ?」って思うくらい、中身自体はほとんど確認されていない印象。まぁ届出ってそういうものですね。許可申請書とかだとこうはいかないけど、仮に中身に誤字等があろうと(ない方がいいのは当然だが・・)、しっかり事業を頑張り、所得を得て、適正に経費計上を行い、適正に納税すれば、国民の義務を果たすことができる!・・・とまで盛り上がることはない。。

 

提出が終わった時刻は16時50分、税務署が閉まる時間は17時であるため、ギリギリではあるが、1月12日という日に何かこだわっていた訳ではないため、別に間に合わなければ13日以降に再度出しにくればいいだけなのだが、本日12日の経費が140円(コピー代、駐車場代)発生しているため、この経費に見合う成果は、本日中での届出提出完了というのは間違い無く、何とか小さな経費に見合う極めて時間はかからないが重要なミッションを終え、本日12日は終了。

 

さぁ、開業届ネタでブログ書こう!と思ったが、あっというまに4日経過した「本当の」本日16日にブログに着手、何とか書き終えました。。。。

 

 

車庫証明

今日は、開業届の準備、提出!と意気込んでいたが、昨日購入した事業用デスク等の組み立てに時間がかかりすぎ、、こちらも早くしなければと思っていた車庫証明の申請手続きをすることにした。

 

年末に普通車1台を譲り受けたことから、こいつ(車)の居場所を確定させてやるため、車庫証明をとらねばならない。

私は、実は前は転勤族(数年毎に住居が変わる)で、社宅利用者であったことから、車は保有していたが、この車庫証明手続きには全く明るくない。

よってネット上で、情報収集した結果、「①まずは最寄りの警察署に行き車庫証明を申請、②申請が数日後おりたら、警察署に証明書を取りに行き、③証明書とその他必要書類を揃えて、陸運局にいく」という手順であることを突き止めた(という大げさなものでもないが、、)。

 

警察署に行き、証明書の申請書を受領、家に帰って、車検証等を確認しながら、必要事項を記載。ここで特に面倒なのが、家の駐車場、前面道路等の縦横の長さ等を自ら所定の様式に書く工程だ。

幸い、参考にできそうな図面が家にあったため、それを見ながら書くことで15分程度で全部の書類の記載が終わったが、ないと自ら駐車場にでて長さを測る必要があるため、結構大変だと思う。

16時50分位に整えた資料を持って再び警察署へ。鉛筆書きしていた部分をボールペン書きするよう言われた以外の修正なく、受付証を無事受領。何もなければ1週間後警察署に行けば証明書を受け取れるとのことだ。ただ、何かあれば電話がかかって来るらしいので、

「○○警察ですが・・・」

と携帯に電話があったら、何か別のボロが唐突に出てしまわないよう、この1週間は気を引き締めることしようw。

 

ちょっと高めの「消耗品」購入

今日は、かねてより購入を予定していた、事務用の机・椅子・照明・多機能プリンターを買いに店舗を回ることとした。

 

机・椅子・照明共に、昨年ネットでずっと目ぼしいものを探していたが、デザインが気に入ったものは高すぎ、安いものは紹介画像等が粗くネット注文だと少し怖い。そんなこんなで決められずに、もう実店舗に行って一気に買ってしまおうということで、車で出かけた。

 

まず、ニトリ。車で10分足らずで行けるので、店舗に置いてあるものの中から机・椅子・照明はサクッと選んでしまった。全部で5万円弱、店員さんの協力も得て、結構な梱包数をガッサと車に積み込み、ついで、そこから3分ほどのコジマ電気へ。

 

コジマでは多機能プリンターを見て回ったが、正直

「どれもすごい機能ですごい安い・・」。

プリンターは約15年前の学生時代に買ったきりであったが、その時、ショボイ単一機能で2万円位かかったとぼんやり記憶している。ただ、あれから15年、「多機能」という通り、FAX、無線通信、コピー、スキャナー、CDレーベル、前後両方からの給紙、液晶タッチパネル、SDカード直接読み取り口などなど、至れり尽せりで、どのメーカー品も2万円前後で当たり前のように売られている。

消費者としては、このような時代の到来は、嬉しい限りな話であるが、一方で「これじゃ、この部品を作る中小企業は儲からんわ。」と思わず嘆いてしまった。。

というのは置いといて、各メーカーの価格は、機能が同じ位(に見える)とすれば、エプソン、キャノンの2大ブランドがやや高めで、ブラザー、HP等がやや安めといった感じ。

私は、ブランドにはこだわらないので、アフターサービスがやや相対的に心配ではあったが、ブラザーの多機能プリンターを約1万6千円(FAX機能のみなし)で購入した。

 

本日購入したものは、今後、事業をしていく上で、おそらく数年は使うであろう必需品ばかりである。知っている方も無論いると思うが、これらは全て事業経理上、「消耗品費」として、経費扱いすることができる。

「プリンターは消耗品?トナーならわかるけど・・」

というのが、一般の感覚である。。が、税務会計上は、「事業に使う10万円未満のオフォス用品等」は全て「消耗品費」とできるのである。

「さぁ、次のステップは、本日購入した「消耗品」を消耗し、収入を確保すること!」であるが、その前に、机、そして椅子も組み立てをしなければ・・・・、これが結構面倒臭いよね。。

国民年金変更・口座開設・会計ソフト導入

全力で取り組みを開始するとしていた昨日(1/6)について振り返る。

 

国民年金の手続き】

会社員を退職し、取り敢えず個人事業主となることにした私は、国民年金の2号被保険者(厚生年金)から、1号被保険者への変更手続きをしなくてはならない。

今までは給与から天引きされていた国民年金であるが、これからは自分で能動的に支払うことが要される。世の中では、義務でありながら払っていない人もそれなりにいると聞く年金であるが、私はある程度長生きする予定なので、実質的に破綻しているという人もいる同制度(年々負担は上昇の一途なのは事実)でも、やはりそれなりに高い期待収益率は見込まれることから、当然の如く私は支払うこととした。

手続きには、市役所に、①免許証等の身分証明書、②年金手帳、③印鑑、④退職日を証明できるものを持っていく必要がある。④については、私は退職金にかかる源泉徴収票を持って行った。同帳票に退職日が記載されていたからだ。

市役所の職員の方から、私が個人事業主となり、資金がすぐに枯渇しそうな雰囲気を感じとられたのかどうかは定かではないが、当面において「免除することもできます」と行った案内がそれなりに丁寧に行われた。当然免除期間が長ければ長いほど年金受給も少なくなるので、既述の考え方を持っている私は、「大丈夫です。払います!どんどん払います!すぐ払います!」と切り返し、書類に簡単な記入をして、手続きはものの10分ぐらいで終わった。

あとは来月に3ヶ月分の納付書が送られくるそうだ。忘れず納付しよう。

 

【口座開設】

個人事業主としての開業届提出はまだなのだが、事業専用の銀行口座を作ろうということで、家から徒歩10分のところにある地銀の店舗に出向いた。

必要であろうと思い持っていったものは、①免許証、②印鑑、、のみ。普通はこれで作れる。というかこれまでもこれで作ってきた。

口座開設申込書に、勤務先を書く欄が設けられていた。勤務先・・・、しかも記入必須とある。私は行員の方に質問した。

私「勤務先なんですが、個人事業主である場合はどうかけばいいですか?」

行員「事業所はご自宅ですか?」

私「そうです」

行員「では空欄で」

私「・・・・」

記入必須じゃないやん。ちょっとしたプレイやん

若干不快感を覚えた私は、口座開設申込書を提出し、自分の番号が呼ばれるまで待った。番号が呼ばれ、カウンターで免許証を提出、諸所の書類に記入、捺印を続け、クレジットカード機能付のキャッシュカード作成をそれなりにしつこく勧められるもかわし、卒なく手続きは終わった。。。かに見えた。

しばらくすると、名前が呼ばれ、

行員「○○様、免許証のお名前の漢字と、ご記入いただいた書類のお名前の漢字が異なるのですが」

とのこと。これまでの人生でも経験したことのある局面だ。私の指名の一部に「冨」という字があるのだが、実は免許証では「富」と表記されている。他の漢字でもあると思うのだが、免許証では表記されない漢字が存在する。こういった質問を受けた時、私は、

私「ああ、よく言われることがあるんですが、「冨」は免許証では「富」と表記されるんですね。困ったもんですね。東京都の公安局に聞いてもらっても大丈夫ですよ」

終わると思った。が、、

行員「これだと「富」の字を使った口座は作れるんですが、「冨」の字のお名前の口座は作れません。保険証はお持ちですか?」

私「・・・・」

この行員は何を言っているのだろうと思った。保険証を求めるのはいいとしても、私の名前の正式な漢字ではないものであれば口座は作れるという。

私が「ああ、じゃあ「富」の字の方でお願いします。」とでもいう可能性があると思ったのだろうか。呆れたが、本人確認方法のマニュアルにただ忠実なのだろう、と行員を思いやることとして、

私「保険証は12月で一旦会社に返してしまったので、まだ新しいのはこないですね」

といったが、

行員「では富の字の方でいいですか?」

私「・・・・」

なんだこの行員、「富」の字の口座を作らせたいのかw?

この行員がどれだけ失礼かは後で思い出すとして、私としては口座を速やかに作ることが目的なので、結論としては午前中に市役所でとっておいた「印鑑証明書」を一旦家まで取りに帰り、提出することで、予定より約40分余計な時間がかかった上で、「冨」の字の口座を開設した。

今までたかが口座開設でこんなことはなかった。個人事業主だから怪しまれている?などと訝ってしまう。。。。

 

【会計ソフト導入】

銀行から家に戻り、やろうと思っていた個人事業にかかる会計ソフトの選定・導入を行った。

会社員時代、仕事柄多くの会計ソフトの仕様を目にしてきたが、その中でも最も多く触れてきた弥生会計のソフトに特に迷いなく即断した。形式はクラウド型のものを選び、支払口座は先ほどの地銀で開設した「冨」の字の口座とした。

本日の仕訳

普通預金(〇〇銀行)300,000/元入金300,000

以上。何か寂しい。。。

もっと経費とか、色々いじりたかったが、何の収入もなければ、何の支出もない。仕訳のしようもない。。

ただ、先月までに開業準備にかかり支出した経費等の領収書・レシート等を選別・整理した。今月中には「開業費(資産)」「固定資産」の計上・整理をやってみよう。

 

【その他】

会計ソフトの導入まで終わり、午前中に急遽確定したクライアント候補先との打ち合わせ・会食に向かった。

会食2次会における店からの請求が、最後の最後で12,000円から22,000円に変わったことに気付いたのは、店と私だけだったと思われる。。